中学・高校・大学受験の専門塾! ブロードバンド予備校・個別指導コースも併設。北中生コース、私立中生コースも有。
  • 高校部
  • 中学部
  • 小学部

自習室 11/14(水) 15:00~22:30

自習室開放時間や時間割変更を見たい方は、「生徒・保護者へのお知らせ」の バナーをクリックしてください。

 

ブロードバンド予備校講師デモはいちばん下にあります.

 

11月の目標

年内の考査・模試

 最終章!

力を出し切る

NOVEMBER

 

福田英治 STUDY  diary

 

11月4日(日)
体罰や暴力は「勝利至上主義に陥ることから生まれるものだ」という論調が多いように感じることがあります。今日の長崎新聞の声、みんなの広場でもそのような見解が述べられていました。勝利至上主義は悪の権化のように錯誤してしまうことが多いと思います。しかし、よく考えると、勝つことを目標にするのがスポーツであるはずです。勝利を目指すから頑張れるのではないでしょうか。勝ちたいから、厳しいトレーニングにも耐えられ、結果、強靭な精神と肉体が備わり、社会へ出てからの財産となるようにも思えます。受験勉強もまったく同じではないでしょうか。
 
 
 

勝ち負けを争わない「仲良しクラブ」では何も学べないし、磨かれないはずです。勝つためには厳しさが求められ、それが教育となります。競わずしてスポーツは教育として成り立ちません。戦後、いびつな平和平等主義が蔓延し、戦わない、競わない、順位を決めないことが『善』であるかのような教育が施されてきました。競って勝つのは美しいことであります。「美しさ」の根底には必ず「厳しさ」があるはずです。スポーツに限らず、芸術、文化活動においてもしかりです。他人より良いものを作り上げるために努力し、自らを磨き進化していくのです。勝利に向けてひたむきに精進するからこそ人は進歩するのです。ただ私達が忘れてならないのは、勝利至上主義には精神の高潔さが内包されています。物質至上主義より、はるかに気高く尊い心の行為であるはずなのです。だから、勝利至上主義には心の教育を同時に進めて行かなければならないものだと痛感しています。

 

 

 

 

算数スクールの詳細につきましては、メニューよりお入り下さい。

 

 

 

 

 

 

小論文講座のご案内(学習塾・高校向け)

スライド1

 

最新記事

  • 自習室 11/14(水) 15:00~22:30

    自習室開放時間や時間割変更を見たい方は、「生徒・保護者へのお知らせ」の バナーをクリックしてください。   ブロードバンド予備校講師デモはいちばん下にあります.   11月の目標 年内の考査・模試   …

  • 福田英治 STUDY DIARY H30.11

  • 福田英治 STUDY DIARY H30.10

    10月10日(水) 就活ルール廃止に関して、連日報道されています。就職活動の早期化は大学を単なる就職予備校にしてしまう可能性が高く、本来の大学の学びが阻害されるのは間違いありません。ルールを廃止することで、青田買い的な要 …